金価格に影響を与える為替相場はしっかりと
ゴールドでコツコツ金投資する


ゴールドの魅力は?金投資メリット

金とプラチナの相場違い

金とシルバーの特性の違い

インフレ対策に安全な金投資

思わず買いたくなる金30年の動き

金価格に影響を与える為替相場

金投資の方法別購入方法

金投資の方法としての積立や投資信託

金の付いたアクセサリーを売る方法

金の買い取りに手数料

金の刻印の種類



(2014年05月21日)

金価格に影響を与える為替相場はしっかりと



金は商品の需要よりも投資マネーの影響力が強いため、

「経済・金利・為替・物価・原油・株式」

などが価格変動に大きく関わってきます。

特に為替相場の影響を受ける金融商品である金は、
国際価格がドル建てであり、
外貨貯金等と同様であることから、
影響の強さがわかります。

例えば、
基軸通貨である米ドルが安くなると、
金価格は値上がりします。

仮に1ヶ月で大幅なドル安になったとしても、
1ヶ月では純金の価値は変わらないからです。

逆にドル高になるとドル建ての金価格は下落しますが、
日本に住む私達の場合は円建ての金を購入しますから、
円高のほうが純金を割安で購入できるということになります。

金はよく「国籍のない通貨」と言われていますが、
表の通貨を映し出す鏡のようなものなのです。

通貨対通貨だけでは見えてこない為替相場の動きも、
あいだに金を挟むことによって、
よりくっきりした真実を見いだせます。

原油や穀物などの商品相場も、
為替相場に影響を与える要因になることは違いありませんが、
実需給で動く面が強く、
金のように通貨的な振る舞いをすることはありません。

国が危機に瀕すると価値が下がる為替、
会社が倒産すると価値がなくなる株式などと違い、
金はたとえ世界中の国々が金融危機に陥っても、
価値は下がらずにむしろ上がります。

裏の通過である金が本当に買われるのは、
表の通過が軒並み悲観的になっている時なのです。

金は需要がなくなることはないけれど、
その分爆発的な需要も生まれないので、
急激な値上がりは期待できません。

しかし、
価格変動が少ないからこそ純金積立に最適とも考えられています。

ですから、
利回りを求める攻めの姿勢ではなく、
現状維持を確保する守りの姿勢の象徴が金であると言えます。


Copyright (C) 2014
ゴールドでコツコツ金投資する